動物用医薬品

読み方: どうぶつよういやくひん
分類: ビジネス・産業|薬品

動物用医薬品は、ペット(伴侶動物)や家畜等(産業動物)を病気や寄生虫などから守るために使用される医薬品のことをいいます。これは、薬事法の規定に基づき農林水産大臣が定めた、動物用医薬品等取締規則(第1条)において、「専ら動物のために使用されることが目的とされている医薬品をいう」と定義されています。

現在、動物用医薬品は、犬や猫、小鳥、鑑賞魚などの「伴侶動物用」と、牛や豚、馬、羊、鶏、魚などの「産業動物用」の二つに区分され、またその種類には、抗生物質や合成抗菌剤、内寄生虫駆除剤、ホルモン剤などがあり、薬事法による承認が必要となっています。なお、日本国内では、共立製薬や日本全薬工業などが業界大手として知られています。