都市鉱山

読み方: としこうざん
分類: ビジネス・産業|資源

都市鉱山は、地上に蓄積された工業製品の廃棄物を都市に眠る鉱山資源(都市鉱石)とみなすリサイクル概念をいいます。これは、1988年に東北大選鉱製錬研究所の南條道夫教授らによって提唱された概念で、金・銀・銅・プラチナ・パラジウム・ロジウム等が使われている、電子機器の廃基盤類や自動車の使用済み排ガス触媒などが都市鉱石の代表例として挙げられます。

現在、日本の非鉄金属大手は、高度な金属の精製(リサイクル)技術を保有しており、専用の処理施設において、日本国内だけでなく、海外からも収集した工業製品の廃棄物からリサイクルを行っています。なお、収集された廃棄物の中には、レアメタルレアアースを含む、希少・有価な金属を含有するものもあります。

<都市鉱山の特徴>

・確定埋蔵量が明確であり、探索の必要がない
・工業加工を経て集約的に使用されたものであることから、通常の天然鉱石より高品位である
・採鉱や製錬といった視点で、省資源・省エネルギーの可能性が大きい
・産業廃棄物の山をなくし、環境汚染を回避できる