エスポ原油

読み方: えすぽげんゆ
英語名: East siberia pacific ocean pipeline oil
分類: ビジネス・産業|エネルギー

エスポ原油(ESPO原油)は、ESPOパイプライン経由で輸出される、ロシア原油のブランド名をいいます。これは、東シベリアで産出され、ロシア極東のコズミノ港などから輸出される原油で、中東の中質油並みの性質を誇り、品質の高さに定評があります。また、輸送面では、環太平洋地域においては、中東からの輸送と比べて距離が短いため(日数が短く運賃が安いため)、競争力があります。

現在、エスポ原油は、中国や日本、韓国など環太平洋地域の国々に輸出され、大半はスポット市場で取引されています。また、特性で言えば、ドバイ原油よりも軽質で硫黄分が少なく優れており、今後、質の安定や納入量の拡大などが図れれば、環太平洋地域において標準油種となる可能性があります。

※ESPO:East Siberia-Pacific Ocean(東シベリア-太平洋)