セカンドプライス・オークション

英語名: Second-price auction
分類: ビジネス・産業|オークション

セカンドプライス・オークションは、一斉に入札を行って、最も高い値を付けた人が、二番目に高い値を付けた人の入札価格で購入するというルールのオークションをいいます。これは、ノーベル経済学賞を受賞した米国の経済学者ウィリアム・ヴィックリー(1914/6/21-1996/10/11)が考案したもので、通常のファーストプライス・オークションとは異なり、最も高い金額を入札した者を勝者とする際に、勝者自身の入札額ではなく、全体で二番目に高い入札額(競合者がない場合には売り手側の提示した最低金額)を支払わせるという仕組みになっています。

一般にセカンドプライス・オークションは、商品の売り手と買い手がWin-Winの関係なれるオークション方式であり、身近にある問題を数理的に考察するゲーム理論によると、自分が正直な商品価値(評価額)を入札しておけば、競争相手がどんな価格で入札しても、損をすることはないとされています。現在、本方式のアイデアは、様々なオークション市場で取り入れられており、例えば、Yahoo!オークションでも採用されています。

※ファーストプライス・オークション:最終的に最も高い価格を入札した買い手に販売され、支払額も最も高い価格に設定される方式。