スケールメリット

英語名: Scale Merit
分類: ビジネス・産業|概念

スケールメリットは、「規模のメリット」や「規模効果」とも呼ばれ、企業において、事業規模を拡大することで得られる利益(効果)のことをいいます。これは、「スケール(scale)」と「メリット(merit)」からなる和製英語で、規模の経済性(エコノミー・オブ・スケール)を意味し、事業規模の拡大により販売する商品の限界費用(コスト)が小さくなることで、利益率が高まる効果を指します。

一般にスケールメリットは、製造業や小売業など大規模展開している企業にとって重要な概念であり、大量消費の前提がある商品に対して、コスト低減効果のある大量生産や大量仕入、大量販売をすることにより、企業の経営効率を図ることができます。