ハイコンテクスト

英語名: High context
分類: コミュニケーション

ハイコンテクストは、コミュニケーションにおいて、言葉以外のものにも重きを置くことをいいます。これは、他人と意思疎通を図る際に、言葉だけなく、価値観や考え方、感覚といったコンテクキスト(文脈、背景)にも大きく依存することを指します。一方で、言葉に重きを置くことを「ローコンテクスト」と言います。

一般にハイコンテクストなコミュニケーションスタイルの文化を「ハイコンテクスト文化」と言い、このような文化を持つ地域では、言葉以外にも相手の意図を察することができるため、直接的でなく持って回った表現が好まれます。日本について言えば、ハイコンテクスト文化に該当し、「以心伝心」や「空気を読む」ということは日常的に行われています。

なお、「ハイコンテクスト文化」とは、1970年代に米国の文化人類学者であったエドワード・T・ホール氏によって提唱された、国や地域におけるコミュニケーションスタイルの特徴を表す概念で、ホール氏によれば、アジアや中東、アフリカ、南米がハイコンテクスト文化を持つ地域とされています。