偽造クレジットカード

読み方: ぎぞうくれじっとかーど
分類: クレジットカード|リスク

偽造クレジットカードは、磁気ストライプに入力されているデータを写し替えるなどして、偽造されたクレジットカードのことをいいます。通常、元のカードは、被害者の手元に残る(ある)ため、実際にカードが不正に使用されて、初めて被害に気づくことが多いです。

かつては、プラスチックの券面デザインやエンボスの偽造が主流でしたが、今日では、CAT等の普及によって、ホログラムはもとより、磁気テープに入力(エンコード)されている情報そのものを盗み取り、新たなカードを作成するなど手口の高度化が進んでいます。また、情報化時代の進展と共に、インターネットを利用した「フィッシング詐欺」などでカード情報を盗まれることもあります。

なお、クレジットカードが不正に使用された疑いがある場合は、すぐにカード会社に連絡を入れ、対応策を取ることが必要です。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。