共通ポイント

読み方: きょうつうぽいんと
分類: クレジットカード|ポイント

共通ポイントは、多様な提携先でポイントが貯まり、利用できる仕組みをいいます。これは、街中やネットの提携先において、商品やサービスの購入・支払いの際に利用金額に応じて付与され(貯まり)、ショッピング等の支払いに使ったり、他の提携サービス等に交換できたりするもので、独自ポイントとは異なり、コンビニやスーパー、ショップ、ガソリンスタンド、レンタル店、飲食店など業態の垣根を超えて利用できます。

一般に共通ポイントを利用する場合、利用者はカード発行に必要な登録作業が一回で済み、うまく活用すれば多くのポイントを効率よく貯めることができます。現在、Tポイント、楽天スーパーポイント、Pontaが多くの加盟店を有する三強となっており、その他に、流通大手系のWAONポイントやnanacoポイント、JR東日本のJRE POINT、NTTドコモのdポイントなども広く利用されています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。