外国為替

読み方: がいこくかわせ
英語名: Foreign exchange
分類: 外貨投資|外国為替

外国為替は、「外為」や「為替」、英語では「FX(Foregin Exchange)」とも呼ばれ、異なる2つの通貨を交換すること(通貨と通貨の交換取引)をいいます。これは、かつては法律(外為法)により取引に制限がありましたが、現在は完全に自由化され、より多様な取引が可能になっています。また、広義の意味では、現金の輸送を行わずに、国際間の貸借を決済するのに用いられる信用決済手段をいいます(異種通貨債権の交換)。

一般に外国為替は、普段の生活の中でも身近なものであり、ビジネスにおいても、プライベートにおいても関わりがあります。例えば、資産運用(外貨投資)の一つとして人気のある外国為替証拠金取引も、1998年施行の改正外為法によって誕生し、個人でも外国為替を低コストで気軽に取引できるようになりました。

為替の種類

一般に為替は、送金振込、手形や小切手などで、現金を移動させることなく、代金の支払いなどの決済を行う業務で、内国為替(国内の為替取引)と外国為替(海外との為替取引)の二つがあります。

●並為替(送金為替)

支払人から受取人に代金を送る方法 (送金小切手、郵便送金、電信送金)

●逆為替(取立為替)

輸出入取引で使われる方法 (荷為替手形取立・・・)

外国為替の具体例

外国為替は、異なる2つの通貨を交換すること(通貨と通貨の交換取引)をいいます。

・海外貿易の際の輸出予約や輸入予約
・海外出張や海外旅行の際の外貨両替
・海外への送金、海外からの送金
外貨預金、外国為替証拠金取引 他

外国為替が取引される理由

・実需:輸出入為替、海外送金、外貨両替、資本取引
・リスクヘッジ:外貨債権・外貨債務の価値確定
・プロフィットゲイン:投機投資
・為替水準の是正:通貨当局の市場介入

外国為替のリスク

為替変動リスク:為替レートが変動するリスク
信用リスク:為替取引が実行できなくなるリスク
・デリバリーリスク:受渡し(決済)ができなくなるリスク
流動性リスク:取引がスムーズにできなくなるリスク
カントリーリスク:通貨を発行する国が危機になるリスク
・オペレーションリスク:事務手続きやシステムのリスク

外為法の歴史と改正ポイント

<外為法の歴史>

・1949年:外国為替及び外国貿易管理法制定、原則禁止
・1980年:第一次改正、原則自由(事前許可・届け出必要)
・1998年:第二次改正、資本取引も為替取引も完全自由化

<外為法の改正ポイント>

・法律名が「外国為替及び外国貿易法」に変更
・為替業務に誰でも自由に参入できる
・誰とでも為替取引が自由にできる
・企業内部で為替ポジションの相殺ができる

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。