高金利通貨

読み方: こうきんりつうか
分類: 外貨投資|通貨

高金利通貨は、政策金利(金利水準)が高い国の通貨のことをいいます。これは、自国通貨との比較から相対的に認識されるもので、各国によって認識に違いがあります。また、金利が高い国と言った場合、先進国で金利が高い国と新興国で金利が高い国の2つがあります。

通常、先進国で金利が高い国の通貨については、政治面や社会面のリスクは小さいですが、為替相場の変動リスクは結構大きいので注意が必要です。また、新興国で金利が高い国の通貨は、市場が不完全なため、為替相場の変動リスクだけでなく、通貨自体の信用リスクカントリーリスク)も非常に大きいのでさらに注意が必要です。実際、新興国の通貨には、経済・社会情勢等によっては大暴落の危険性があり、過去に通貨危機に陥ったケースもあります。

一般に高金利通貨は、金利水準が低い日本から見れば非常に魅力的ですが、そこにはいくつか潜在的なリスク(為替変動、流動性、通貨危機、経済悪化、資本流出、インフレ他)があるので、これらのリスクを十分に理解(認識)した上で取引することが大切です。なお、その取引手法については、外貨預金外貨MMF外国為替証拠金取引(FX)、外国債券、高金利通貨ファンドなどがあります。

<世界の高金利通貨-FXで取引可能なもの>

英ポンド(英国)
豪ドル(オーストラリア)
ニュージーランドドル(ニュージーランド)
南アフリカランド(南アフリカ)
メキシコペソ(メキシコ)
トルコリラ(トルコ) 他