サウジアラビア・リヤル(SAR)

英語名: Saudi riyal
分類: 外貨投資|通貨

サウジアラビア・リヤル(サウジ・リヤル)は、産油国通貨の一つで、サウジアラビア王国が使用する通貨をいいます。これは、サウジアラビア通貨庁(SAMA)が発行・管理し、ドルペッグ制を採用しています。また、サウジ・リヤルのアルファベット3文字で記述した、ISO 4217で定められた世界共通で用いられる通貨コードは「SAR」となっています。

なお、ISO 4217とは、ISOで制定された国際標準の一つで、各国あるいは各地域の通貨を3文字のコードで記述できるようにしたもので、最初の2文字がISO 3166-1 alpha-2で定義された国名コード、最後の1文字が通貨のイニシャルを表しています。

サウジアラビアの概要

サウジアラビア王国(Kingdom of Saudi Arabia)は、中東のアラビア半島に位置する域内の大国であり、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、オマーン、カタールと共に、湾岸協力会議(GCC)を形成しています(首都:リヤド)。絶対君主制・政教一致の政治体制で、またイスラム教の2大聖地であるメッカとマディーナがあり、世界各地から巡礼者が訪れます。

サウジアラビアの経済

サウジアラビア王国は、世界一の原油埋蔵量を誇り、日本をはじめとした世界中に多くの石油を輸出しており、OPECの盟主的存在となっています。