先物為替レート

読み方: さきものかわせれーと
分類: 外貨投資|為替レート

為替レートには、通貨の受け渡しの時期によって、直物為替レート先物為替レートの2つがあります。また、先物為替レートは、英語では「Forward Rate(フォワードレート)」と呼ばれます。

一般に先物為替レートは、将来の為替レートを表し、現在の為替レート(直物為替レート)と金利(2つの通貨の金利差)から決定されます。

先物為替レートとは?

先物為替レートは、取引日から3営業日以降の特定日に通貨の受け渡し(資金決済)が行われる為替レートをいいます。

先物為替レートの提示期間

ドル/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドルなどの場合、5年までの先物レートが市場に建っていますが、通常は1年までの取引がほとんどです。また、その他の通貨については、1年までの取引がほとんどです。

先物為替レートのプレミアムとディスカウント

先物為替レートの変動要因は、直物相場が変動する場合と2通貨の金利差が変動する場合の2つがあります。また、プレミアムとディスカウントは、先物為替レートと直物為替レートの比較から決まります。

・現在のレート > 先物為替レート → ディスカウント
・現在のレート < 先物為替レート → プレミアム

先物為替レートの決定

先物為替レートは、将来の通貨の交換が等価で行われると仮定し、2通貨の現在のレート(スポットレート)と金利差(スワップレート:直先スプレッド)から決定されます。

・ディスカウントの場合:先物為替レート=直物為替レート-スワップレート
・プレミアムの場合:先物為替レート=直物為替レート+スワップレート

先物為替レートの等価交換の視点での計算例

1年後のドル/円の先物為替レートは、通常はスポットレートとスワップレートの2つから求められますが、ここでは等価交換という視点で求めてみます。

1ドル=120円、1年のドル金利=5%、1年の円金利=1%の場合、
・1年後のドルの価値は、1×1.05=1.05ドル
・1年後の円の価値は、120×1.01=121.20円

1年後のドルと円の価値は等価であるとすると、
1.05ドル=121.20円より、1ドル=115.43円

 ※1年を360/360で簡易計算

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。