管理変動相場制

読み方: かんりへんどうそうばせい
分類: 外貨投資|為替相場

管理変動相場制は、実質的に固定相場制の一つで、為替レートを市場メカニズムに任せる形を取るものの、その国の政府・中央銀行が介入して為替レートを管理する制度をいいます。これは、現在、中華人民共和国人民元で採用されており、中国人民銀行(中央銀行)が適宜介入して為替レートを管理しており、特に多額の対中貿易赤字を抱える米国が問題視しています。また、固定相場制とは、為替相場の変動を固定もしくは極小幅に限定する制度をいいます。

なお、管理変動相場制に対して、為替レートの決定を外国為替市場(マーケット)の需要と供給により自由に変動させる制度を「変動相場制(フロート制)」と言い、欧米や日本などの先進国で採用されています。