指し値介入

読み方: さしねかいにゅう
分類: 外貨投資|為替介入

指し値介入は、外国為替市場(マーケット)において、為替相場が一定水準で安定することを目指す為替介入をいいます。

一般に指し値とは、事前に指定した価格(為替レート)で注文を出すことをいい、また為替介入とは、通貨当局が為替相場の過度の変動を抑えるために行うもので、通常、特定の為替水準を意識しているとマーケットに悟られないようにするのが通例です。これより、指し値介入は、為替介入の手法としては異例のものですが、その効果としては、日本円の場合、一時的に指し値水準よりも円安に振れない一方で、円買い注文が増えて円高にも振れなくなります。

過去において、日本の通貨当局の指し値介入の例としては、2011年10月31日に政府・日銀が為替介入を行った際に、1ドル=79円20銭の水準で円売り・ドル買いの指し値注文を大量に出し、一時的に(介入後の午前11時半から約3時間半にわたって)1ドル=79円20銭を超える円高に歯止めをかけました。ただし、これについては、国内輸出企業の円高進行で溜っていた円買い需要などに応える狙いがあったとも言われます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。