現金売相場

読み方: げんきんうりそうば
英語名: Cash Selling Rate
分類: 外貨投資|為替レート

現金売相場は、顧客が金融機関(銀行等)から外国通貨(外貨)を現金で購入する際に適用されるレートのことをいいます。これは、金融機関側から見れば、顧客に外貨を現金で販売する際のレートであるため、「売相場(Selling Rate)」と呼ばれます。通常、米ドルの場合は、仲値(顧客が金融機関で外貨を売買する際の基準レート)から3円高いレートになっています。また、金融機関での外貨の購入は、紙幣のみとなっています。

なお、現金売相場に対して、顧客が金融機関に外貨を現金で売却する際に適用されるレートのことを「現金買相場」と言います。