合計特殊出生率

読み方: ごうけいとくしゅしゅっせいりつ
分類: 経済指標|各国

合計特殊出生率は、その年の出産動向が今後も続くと仮定した時に、一人の女性が生涯に産むと推定される子供の数をいいます。これは、15歳から49歳までの女性の年齢別出生率(出生数÷年齢別女性人口)を合計して算出され、その種類には「期間合計特殊出生率」と「コーホート合計特殊出生率」の二つがあります。実際に一人の女性が一生の間に生む子供の数は、コーホート合計特殊出生率ですが、それに相当するものとして、通常用いられているのは期間合計特殊出生率の方です。(期間合計特殊出生率の方が用いられるのは、各年齢の出生率が世代によらず同じであれば、この2つの「合計特殊出生率」は同じ値になるため)

一般に人口を維持するには、出生率が一定数値(2.1前後)以上を上回る必要がありますが、現在の日本はこの数値を大きく下回っており、将来の人口減少が加速する状況となっています。なお、日本の合計特殊出生率については、厚生労働省の「人口動態統計」に記載されており、年次推移や年齢階級別、都道府県別などの数値を知ることができます。

期間合計特殊出生率

期間合計特殊出生率は、ある期間(1年間)の出生状況に着目したもので、その時点における各年齢(15~49歳)の女性の出生率を合計したものです。どの年齢の女性人数も同じとして算定される出生率のため、女性人口の年齢構成の違いを除いた「その年の出生率」であり、年次比較・国際比較・地域比較などで用いられます。

コーホート合計特殊出生率

コーホート合計特殊出生率は、ある世代の出生状況に着目したもので、同一年生まれ(コーホート)の女性の各年齢(15~49歳)の出生率を過去から積み上げたものであり、その世代の出生率となっています。