消費者態度指数

読み方: しょうひしゃたいどしすう
分類: 経済指標|日本

消費者態度指数は、内閣府が毎月の消費動向調査の中で公表する、消費者マインドを指数化した経済指標をいいます。また、消費動向調査とは、今後の暮らし向きの見通しなどについて、消費者の意識を把握すると共に、旅行や各種サービス等への支出予定、主要な耐久消費財等の保有状況などを把握することにより、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的とした調査です。通常、本指数は、50が「良い」「悪い」の一つの目安とされ、また前月と比べて数値が「良くなったのか」「悪くなったのか」も注目されます。

現在、消費者態度指数の作成方法にあたっては、「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」の4項目に関して、今後半年間の見通しについて5段階評価で回答してもらい、それぞれ「良くなる」に(+1)、「やや良くなる」に(+0.75)、「変わらない」に(+0.5)、「やや悪くなる」に(+0.25)、「悪くなる」に(0)の点数を与え、この点数に各回答区分の構成比(%)を乗じた結果を合計して、項目毎に消費者意識指標(原数値)が算出されます。そして、これら4項目の消費者意識指標(原数値)を単純平均して「消費者態度指数(原数値)」が算出されます。

なお、毎月の消費動向調査で注目されるのは、季節調整を行った「消費者態度指数(季節調整値)」の方です。

発表国 日本
発表先 内閣府
発表時期 毎月中旬
発表内容 前月のデータ

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。