機械受注統計

読み方: きかいじゅちゅうとうけい
分類: 経済指標|日本

機械受注統計は、内閣府が毎月の機械受注統計調査の中で公表する、設備用機械類の受注状況を調査した経済指標をいいます。また、機械受注統計調査とは、機械製造業者の受注する設備用機械類の受注状況を調査し、設備投資動向を早期に把握して、経済動向分析の基礎資料を得ることを目的としたものです。現在、調査対象は、機械等を製造する主要企業であり(基本的に固定)、また調査機種の大分類は、原動機、重電機、電子・通信機械、産業機械、工作機械、鉄道車両、道路車両、航空機、船舶となっています。

一般に機械受注統計は、「受注額の振れが大きい」のが一つの特徴となっています。実際に金額的に極めて大きな案件であっても、受注額は契約のあったひと月に計上される一方で、生産は複数月に渡って行われるとしても、ある月に全体の金額が計上されて翌月は反動減となるため、単月の動きだけでは基調として増加しているのか・減少しているのかが必ずしも分からず、ある程度の比較期間が必要とされる場合があります。

なお、本統計において、「船舶・電力分を除いた民間需要(季節調整値)」は、3カ月から半年先の民間設備投資の動向を示す先行指標とされており、毎月その結果が注目されています。

発表国 日本
発表先 内閣府
発表時期 毎月中旬
発表内容 前々月のデータ

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。