エコノミック・サプライズ指数

読み方: えこのみっくさぷらいずしすう
英語名: Citigroup Economic Surprise Index
分類: 経済指標|景気認識

エコノミック・サプライズ指数は、「びっくり指数」とも呼ばれ、米シティグループが算出する、各種経済指標と事前予想との食い違い(乖離幅)を指数化し、ゼロ(予想通り)を挟んで、上下(プラス・マイナス)で示した指数をいいます。これは、雇用や生産などの各種経済指標が事前の市場予想と比べてどうだったかを指数化したもので、実績が予想を上回れば指数は上昇し、逆に下回れば下落する仕組みとなっています。

一般にエコノミック・サプライズ指数は、各種経済指標において、マーケット(市場)の事前予想と比べて、上ぶれが多ければプラス方向へ動き、逆に下ぶれが多ければマイナス方向へ動き、また大きくぶれていれば(ゼロから大きく乖離していれば)、市場がびっくりしている状態を表します。例えば、本指数がプラスで、数値が大きければ、市場が景気の改善ぶりに驚いているのが分かります。