ブレーク・イーブン・インフレ率

読み方: ぶれーくいーぶんいんふれりつ
英語名: Break-even inflation rate
分類: 経済指標|各国

ブレーク・イーブン・インフレ率は、「BEI率(BEI)」とも言い、普通国債利付国債)と物価連動国債(物価に連動して元本が増減する国債)の流通利回りの差(利付国債の利回り-物価連動国債の利回り)をいいます。これは、物価が将来どれくらい変動すると金融市場(マーケット)が見ているかを示すもの(将来の予想物価上昇率)で、この値がプラスなら「インフレ」、マイナスなら「デフレ」をマーケットが予想(推測)していることを意味します。

一般に予想インフレ率は、実際のインフレ率と連動すると共に、先行して動く傾向があるため、各国の中央銀行は、ブレーク・イーブン・インフレ率(予想インフレ率)の動向を調査・把握し、また予想インフレ率の目標値を定め、その目標値に収まるような金融政策を行うことが多いです。通常、予想インフレ率が上昇傾向にある時は、インフレを抑えるような金融政策を行い、逆に予想インフレ率が下落傾向にある時は、インフレになる(デフレにならない)ような金融政策を行います。