住宅ローン担保証券

読み方: じゅうたくろーんたんぽしょうけん
英語名: Residential Mortgage-Backed Securities(RMBS)
分類: 証券化商品

住宅ローン担保証券(住宅ローン債権担保証券)は、「RMBS」とも呼ばれ、モーゲージ証券(MBS)の種類の一つで、住宅ローンからの元利返済金を裏付け(担保)に発行される証券のことをいいます。また、モーゲージ証券とは、不動産担保融資の債権を裏付け(担保)として発行される証券の総称をいい、運用面において、高い流動性や高い信用力、高い利回りなどが魅力となっています。

一般に住宅ローン担保証券は、米国において、個人の住宅取得を政策的に支援するために開発されたもので、住宅ローンから生じるキャッシュフローが、連法政府(ファニーメイフレディマックなど)の信用力と証券化という仕組みを用いることにより、新しい投資商品へと生まれ変わり、投資家に広く受け入れられる投資対象となりました。一方で、日本においては、1999年以降、銀行や生命保険、ノンバンク、住宅金融公庫(現:住宅金融支援機構)などが住宅ローン担保証券の発行量を増やしたことにより市場が拡大し、現在、住宅金融支援機構が最大の発行体となっています。

※米国の住宅ローンバブルの終焉により起こった、2007年-2009年のサブプライムローン問題によって、住宅ローン担保証券は世界的に大きなダメージを与え、多くの投資家が多額の損失を被った。