アセットバック証券

読み方: あせっとばっくしょうけん
英語名: Asset Backed Security
分類: 証券化商品

アセットバック証券は、「資産担保証券」や「ABS」とも呼ばれ、各種資産の信用力やキャッシュフローを裏付け(担保)として発行される有価証券の総称をいいます。これは、通常の債券とは異なり、有価証券の発行体自身の信用力ではなく、その担保となる資産から発生するキャッシュフローの確実性を重視するところに特徴があります。

一般にアセットバック証券において、住宅ローンを担保として発行されるものを「RMBS(住宅ローン担保証券)」、自動車ローンやクレジットカード債券などを担保として発行されるものを「ABS」、商業用不動産ローンを担保として発行されるものを「CMBS(商業不動産担保証券)」といい、また狭義では、ABSのことをアセットバック証券と呼ぶこともあります。

アセットバック証券の開発と普及

アセットバック証券は、1970年代に米国で開発されたMBS(モーゲージ証券)が始まりで、主に貸付債権等の流動化やオフバランス化を目的としており、基本的にキャッシュフローを生み出すものならば何でも担保にすることが可能になっています。具体的には、ローン債権や売掛債権、リース債権、クレジットカード債権など様々な債権や商業用不動産等の資産を裏付けにして発行されています。

日本においては、信用リスクの分散化や移転を通じた企業金融の円滑化を図ることを期待して、1998年に旧証券取引法(現・金融商品取引法)の有価証券として認められたことにより、現在、企業は所有する債権や不動産などの資産の信用力やキャッシュフローを裏付けにして、社債やコマーシャルペーパー(CP)などを発行して資金を調達することが可能になっています。

アセットバック証券の仕組み

アセットバック証券は、企業が保有する特定の資産を証券化商品の発行体として設立された「特別目的会社(SPC)」に売却し(オフバランス化し)、一方でSPCがその資産を裏付けにして有価証券(社債・CP等)を発行し、投資家に販売して資金を調達するという仕組みになっています。

この場合、発行される証券については、その資産から得られるキャッシュフローが償還の財源となるため、裏付け(担保)となる資産が優良であれば、企業の信用力とは関係なく、低コストの資金調達が可能になります。また、その仕組みから、企業は資産の流動化(オフバランス化)が可能になる一方で、投資家は企業の信用力とは無関係に、対象資産の信用力に対して投資することが可能になります。