仕組み金融

読み方: しくみきんゆう
英語名: Structured Finance
分類: 金融業務|金融技術

仕組み金融は、「ストラクチャードファイナンス」とも呼ばれ、株式債券などの伝統的な資金調達手段にとどまらず、取引上の仕組みを工夫することで組成される新たな金融商品によって、資金調達者(企業等)と投資家とを仲介する高度な金融技術をいいます。通常、これを利用することによって、市場リスク信用リスクなどを効率的にコントロールしたり、移転したりすることができます。例えば、企業の特定資産の証券化を行う場合、企業のバランスシートからその資産を切り離すことで(SPCなどに移転)、当該企業の信用力から独立した「資産そのものの信用力」で評価が可能となり、それについて格付けを取得した場合、企業本来の信用力よりも上位の格付けを得ることも可能となります。

一般に仕組み金融は、利用する企業にとって、資金調達手段の多様化や効率化、オフバランス化によるバランスシートの圧縮、ROE自己資本比率の改善など財務面のメリットがあります。一方で、金融機関にとっても、企業等(顧客)の財務状況やニーズに応じて、不動産流動化や債権流動化、プロジェクトファイナンス、アセットファイナンス、リースファイナンス、M&A(Mergers and Acquisitions)、MBO(Management Buyout)、LBO(Leveraged Buyout)、DIPファイナンスなどにおいて、多様なファイナンススキーム(証券化、流動化、仕組み債・・・)を提供することができ、非常に付加価値(収益性)の高い業務となっています。