オーバーアロットメント

英語名: Over allotment
分類: 金融業務|証券ビジネス

オーバーアロットメント(Over allotment)は、「over(オーバー)」が「超過する」、「allotment(アロットメント)」が「割り当て」を意味し、企業が株式の公募や売出しを実施する際において、当初予想された数量を超える投資家からの買い注文(需要)があった場合、引受業者(主幹事証券会社)が対象企業の大株主等から一時的に株式を借りて、公募や売出しと同一条件で追加的に投資家に販売する手法をいいます。これは、株式公開(IPO)増資によって引き起こされる需給バランスの乱れを平準化することを目的として導入された制度で、需要動向を踏まえた販売およびその後の流通市場における需給の悪化を防止し、株価急騰を防ぐ措置として使われることが多いです。また、過熱した株式の買いを冷やす措置であることから「冷やし玉」と呼ばれることもあります。

一般にオーバーアロットメントは、株式の公募や売出しの追加として行われるものであり、本来の公募や売出しの数量に需要が満たない場合は行われることはありません。また、本手法が可能な数量については、本来の公募や売出し数量の15%が上限となっています。なお、オーバーアロットメントで販売した株式を借入先に返却するにあたっての株式の調達方法には、「グリーンシューオプション」と「シンジケートカバー取引」の二つの方法があります。

●グリーンシューオプション

グリーンシューオプションは、主幹事証券会社が借りた株式を返還するために、株式を借りた大株主等から、引受価額と同一条件で追加的に株式を取得する権利を付与されることをいう。これは、行使価格よりも公募や売出し終了後の市場価格が上回った場合に、主幹事証券会社が、追加的に販売した株式数から安定操作取引などで取得した株式数を差し引いた株式数について、本オプションを行使して新株を取得し、返還することになる。

●シンジケートカバー取引

シンジケートカバー取引は、グリーンシューオプションの行使価格よりも公募や売出し終了後の市場価格が下回った場合に、主幹事証券会社が本オプションを行使せず、一定のルールのもとで、自己の計算による市場での買い付けを行なって、株式を返還することをいう。