インベストメントバンク

英語名: Investment Bank
分類: 金融業務|金融機関

インベストメントバンクは、「投資銀行」とも呼ばれ、証券引き受けを主業務とし、それに付随する財務アドバイスなどを行う金融機関のことをいいます。これは、事業法人や機関投資家、政府系機関などの大口顧客を相手に、資金調達業務(株式や債券の引き受け等)やM&A(買収・合併)のアドバリザリー業務、マーケットメーキング業務、トレーディング業務、リスク管理業務、証券化ビジネス業務、事業再生業務などを提供しており、個人向けの小口取引などは行っていません。

一般に金融業界において、預金融資を主業務とする通常の銀行である「商業銀行」と区別するために「インベストメントバンク」と呼ばれ、業務内容的には銀行よりも証券会社に近いです。ちなみに、元々の発祥の地は米国で、代表的なインベストメントバンクには、J.P.モルガン(J.P. Morgan)やゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)、モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)などがあり、日本においては、外資系金融機関や大手証券会社、メガバンクなどがインベストメントバンキングを手掛けています。