為替オーバーレイ

読み方: かわせおーばーれい
英語名: Currency Overlay
分類: 金融業務|金融サービス

為替オーバーレイは、「カレンシーオーバーレイ」とも呼ばれ、外債外国株などの外貨建資産の為替部分を原資産から分離し、運用能力の高い専門の為替マネジャー(為替オーバーレイ業者)に運用委託を行うものをいいます。これは、1980年代後半に米国で始まり、1990年代以降、米国の年金基金の海外投資比率が高まるにつれ、米国における本サービスの提供が本格化し、その後、世界各国で急速に普及していきました。現在、米国では、複数の外貨建ファンドの為替エクスポージャーをマスタートラストが一元管理し、その情報を受けた為替マネジャーが全体の為替エクスポージャーの運用・管理を行うという形式が多いです。

一般に為替オーバーレイでは、為替を外貨建資産の付属品ではなく、一つの独立した資産として管理・運用していくという考え方であり、主な投資手法はクロスカレンシー・トレーディングとなっています。また、実際の運用スタイルについては、リターンリスクを積極的に予測して運用する「アクティブ運用」、為替ヘッジ率をベンチマークに近づけて運用する「パッシブ運用」、さらに両者を混合した「アクティブ・パッシブ混合運用」の3つに分類できます。なお、為替オーバーレイを行うにあたっては、ベンチマークを何に設定するか、どのような手段を使って為替ヘッジをするか、リスク管理はどのようにするかなどの重要項目を明確化した「運用ガイドライン」を作る必要があります。