公的金融

読み方: こうてききんゆう
分類: 金融業務|概念

公的金融は、民間金融に対する概念で、公的部門(公的機関)が行う金融活動のことをいいます。これは、金融市場資本市場の適切な資源配分を歪めることなく、政策目的が正当化される事業に限定した上で、必要とされる場合に十分な機能を発揮することが原則として求められます。

●平時における公的金融の役割

情報の非対称性等があり、市場メカニズムでは効率的な資源配分が実現されない「市場の失敗への対応」や、インフラの海外展開等のような「民間では担えないリスクの負担」、新たな市場(新事業)を創出するための「呼び水効果」などが公的金融の対象として挙げられる。

●危機時における公的金融の役割

深刻な経済・金融危機や大規模な災害などの危機時において、民間金融が担うことのできないリスクテイクが可能であり、公的金融が果たす役割の重要性は広く認識されている。