バイラテラル方式

読み方: ばいらてらるほうしき
分類: 融資

バイラテラル方式は、銀行貸出の契約形態の一つで、貸し手(金融機関)と借り手(企業)が相対で契約する貸出方式をいいます。これは、日本において、戦後の経済復興を長く支えてきた貸出方式であり、通常、企業は借入にあたって、取引先の金融機関と個別に交渉するため、融資額や金利などの条件が異なるという特色があります。また、信用リスクメインバンクなど少数の金融機関に集中したり、外部からのガバナンスが働きにくいなどの問題点もあります。

現在、「バイラテラル方式」という用語は、主に大企業等の法人向け融資において、借り手に対して貸し手が複数いる「シンジケート方式」と対比して使われることが多いです。例えば、コミットメントライン※の契約形態において、「バイラテラル方式(相対型)」と「シンジケート方式(協調型)」の二つがあると説明されたりします。

※コミットメントライン:一定期間にわたり一定の融資枠を設定・維持し、その範囲内で顧客の請求に基づき、銀行が融資を実行することを約束する契約。