KPI

読み方: けーぴーあい
分類: 概念

KPIは、金融業界においては、「Key Performance Index(キー・パフォーマンス・インデックス)」の略で、顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)の定着度合いを客観的に評価できるようにするための成果指標をいいます。これは、2017年から金融庁フィデューシャリー・デューティーを根付かせるため、その取り組み方針と共に公表を施してきたもので、具体的な対応については金融機関に委ねられています。(金融庁では、顧客が金融機関を選ぶ際の一つの目安となることを狙い、好事例を公表している)

ちなみに、マネジメント(経営)で「KPI」と言った場合は、「Key Performance Indicator」の略で、「重要業績評価指標」を意味し、企業や団体などの組織において、個人や部門などの業績評価を定量的に評価するための指標となっています。