統一小切手用紙

読み方: とういつこぎってようし
分類: 手形・小切手

統一小切手用紙は、全国銀行協会が規格・様式を定めた小切手の用紙をいいます。これは、銀行信金信組労金JAなどの金融機関から当座勘定取引先に「小切手帳」として交付され、50枚綴が一般的となっています(1枚単位で交付するところもあり)。また、支払人(金融機関名)や支払地、振出地、必要文言などが予め印刷されています。なお、小切手用紙の交付は、預金の窓口で行われ、所定の手数料がかかります。