裁量臨店

読み方: さいりょうりんてん
分類: リスク管理

裁量臨店は、銀行等の金融機関の本部にある監査部門が支店の融資内容に問題がないかどうかを検査することをいいます。これは、銀行業界の用語の一つで、本部の監査部門から検査役(検査の担当者)が来て、支店での融資に対する与信判断が正しく行われているか否かを審査するものであり、通常、検査前に、支店には1週間程度の準備期間が設けられます。

なお、「臨店」や「裁量臨店」という言葉は、元々は世間一般の方に馴染みがありませんでしたが、テレビドラマで一躍知られるようになりました。

●臨店

杏さん主演の「花咲舞が黙ってない(日本テレビ:2014年)」では、臨店は、支店の事務部門や窓口部門などを訪れ、実際に仕事をチェックし、業務改善できるように指導・支援するものになっていた。

●裁量臨店

堺雅人さん主演の「半沢直樹(TBS:2013年)」では、裁量臨店は、銀行 本部の監査セクションから検査役が来て、支店での融資に対する与信判断が正しく行われているか否かを審査するものになっていた。