運用報告書

読み方: うんようほうこくしょ
分類: 投資信託|書類

運用報告書は、投資信託(ファンド)の期中の運用状況を投資家(受益者)に伝えるために、決算期末毎に発行される報告書のことをいいます。これは、委託会社(運用会社)に作成が義務付けられており、販売会社を通じて受益者に交付され、例えば、決算が年1回のファンドの場合は1年毎に交付されます。また、毎月決算型(毎月分配型)のファンドに代表される、短期間で決算を行うファンド(計算期間が6カ月未満のファンド)の運用報告書の作成・交付のタイミングについては、6カ月に一度と法令で定められています(MRFについては、1年毎に発行)。

一般に運用報告書には、運用期間中の投資環境(マーケット)に対する見方、信託財産の内容、有価証券の売買状況、運用損益、コスト、基準価額分配金の状況、今後の運用方針などが記載されており、投資家がファンドの運用経過や運用実績などを知る重要なものとなっています(今日では、書面以外に、ウェブサイトでも公開)。