残存口数

読み方: ざんぞんくちすう
分類: 投資信託|仕組み

残存口数は、投資信託(ファンド)において、ある時点で信託財産として残っている口数をいいます。これは、ファンドにおいて、通算で設定された全ての口数から、通算で解約された全ての口数を差し引いた、その時点における総口数のことを意味します。

一般に投資信託では、残存口数が約款で定められた一定数を下回った場合、運用が信託期限前でも終了されることがあるので注意が必要です。