クローズ型投資信託

読み方: くろーずがたとうししんたく
分類: 投資信託|区分

クローズ型投資信託は、「単位型投資信託」や「ユニット型投資信託」とも呼ばれ、ファンドの購入が設定前の募集期間だけに限られ、設定後は償還まで資金の途中追加ができない投資信託をいいます。これには、同じ投資方針で毎月募集・設定される「定時定型投資信託」と、投資家のニーズやマーケット環境に応じてタイミングを見て設定される「スポット型投資信託」の2つがあります。また、一定期間売却ができない(クローズド期間)タイプのものも多いです。

一般に契約型投資信託は、「クローズ型投資信託」と「オープン型投資信託(追加型投資信託)」の2つに分けることができます。また、世界初の投資信託はクローズ型投資信託でしたが、現在、日本においては、その本数は減り、いつでも追加購入と換金ができるオープン型投資信託が主流となっています。

※今日では、定時定型投資信託は設定されておらず、スポット型投資信託のみが設定されている。