アジア地域ファンドパスポート

英語名: Asia Region Funds Passport(ARFP)
分類: 投資信託|制度

アジア地域ファンドパスポート(ARFP)は、アジア太平洋経済協力(APEC)の加盟国の内、協力覚書(MOC:Memorandum of Cooperation)に署名した参加国間の投資信託(ファンド)の相互承認制度をいいます。これは、参加する国(エコノミー)における投資家保護を確保しながら、適格な集団投資スキームのクロスボーダーでの販売を促進する国際的なイニシアティブで、またMOCは、ARFPの国際的に合意されたルールと協力メカニズムを提示するものとなっています。

一般にARFPは、参加国間において、ファンド販売の規制を共通化・簡素化し、国境を越えたファンドの販売促進を強化することができ、また投資家にとっては、ファンドの選択肢が広がり、より多様な投資機会が得られます。さらに、各国の競争によるサービスの向上や制度整備の進展なども期待されています。

※2016年4月時点のMOC署名国:オーストラリア、韓国、ニュージーランド、日本。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。