イスラム協力機構(OIC)

読み方: いすらむきょうりょくきこう
英語名: Organisation of Islamic Cooperation (OIC)
分類: 世界経済|機構

イスラム協力機構(OIC)は、イスラム諸国をメンバーとして構成される国際機構をいいます。これは、1971年にイスラム諸国の政治的協力や連帯を強化すること、イスラム諸国に対する抑圧に反対し、解放運動を支援することなどを目的に設立され、その加盟国は、ムスリム(イスラム教徒)が国民の多数を占めるアジアやアフリカなどの国々からなります。(発足時の名称は「イスラム諸国会議機構」で、2011年に現名称へ変更)

現在、OICは、サウジアラビアのジッダに常設の事務局が置かれ、常設委員会や特設委員会、補助機関、特別機関などを持つほか、付属の専門機関として、イスラム開発銀行、イスラム連帯基金、イスラム教育・科学・文化機構、国際イスラム通信機関などを持ちます。また、3年に1回、首脳会議が開かれるほか、年に1回の外相会議によって機構の主要な政策が審議されます。