FRB

読み方: えふあーるびー
英語名: Federal Reserve Board
分類: 世界経済|米国

FRBは、"Federal Reserve Board"の略で、日本語では「連邦準備制度理事会」と呼ばれ、アメリカ合衆国(米国)の中央銀行制度である「FRS(連邦準備制度)」の最高意思決定機関(中核機関)をいいます。これは、米国の中央銀行に相当する機関であり、1913年の連邦準備法に基づいて設置された連邦準備局が前身で、1935年の銀行法により現名称に改称され、現在、首都のワシントンD.C.に置かれ、7名の理事(うち議長1名、副議長1名)から構成されています。また、FRBの下に位置するのが12の地区連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)で、実際の中央銀行業務を行っています。

一般にFRBの主な業務は、公開市場操作を含む金融政策の決定のほか、連邦準備銀行の統括・監督、市中銀行に対する支払準備率の設定、連邦準備銀行が設定する割引率(公定歩合)の審査・決定などとなっています。また、金融政策の手段である公開市場操作を決定するのは「FOMC(連邦公開市場委員会)」で、これはFRBの7名の理事の他、5名の地区連銀総裁(ニューヨーク連銀総裁の他は11地区連銀からの輪番制)で構成されています。

※FRBの理事は、大統領が指名し、上院の承認を得て任命され、任期は14年間(再任なし)で、また理事の中から正副議長が選ばれ、正副議長の任期は4年で再任も可能。(2年毎に理事の1人が任期満了)
※米国では、FRB議長は大統領に次ぐ影響力や権威を持つと言われる。

<米国の連邦準備銀行(12地区に分割)>

・第1地区:ボストン連邦準備銀行
・第2地区:ニューヨーク連邦準備銀行
・第3地区:フィラデルフィア連邦準備銀行
・第4地区:クリーブランド連邦準備銀行
・第5地区:リッチモンド連邦準備銀行
・第6地区:アトランタ連邦準備銀行
・第7地区:シカゴ連邦準備銀行
・第8地区:セントルイス連邦準備銀行
・第9地区:ミネアポリス連邦準備銀行
・第10地区:カンザスシティ連邦準備銀行
・第11地区:ダラス連邦準備銀行
・第12地区:サンフランシスコ連邦準備銀行