国際石油資本

読み方: こくさいせきゆしほん
分類: 世界経済|エネルギー

国際石油資本は、「石油メジャー」とも呼ばれ、石油の探査・採掘・生産などの上流部門から、輸送・精製・販売などの下流部門に至るまで、石油産業の全段階をカバーする国際的な活動を展開している欧米の巨大資本の「石油系巨大企業複合体」の総称をいいます。これは、1970年代に石油輸出国機構(OPEC)が資源ナショナリズムにより主導権を握るまでは、世界の石油のほぼ全てを支配していましたが、今日では、産油国や中国の国営石油会社などの存在感が増すと共に、その影響力は相対的に低下してきています。

一般に国際石油資本は、第二次世界大戦後から1970年代までが全盛期で、その時代に石油生産をほぼ独占状態に置いた7社を「セブン・シスターズ(Seven Sisters)」と言い、スタンダードオイルニュージャージー(過:エクソン、現:エクソンモービル)、ロイヤル・ダッチ・シェル、アングロペルシャ石油会社(現:BP)、スタンダードオイルニューヨーク(過:モービル、現:エクソンモービル)、スタンダードオイルカリフォルニア(現:シェブロン)、ガルフオイル(現:シェブロン、一部はBPに)、テキサコ(現:シェブロン)がありました。ちなみに、エクソン、モービル、シェブロンは、石油王のジョン・ロックフェラーが創業し、1911年に34社に分割されたスタンダード・オイルが母体となっています。

現在では、かつて世界で7社存在した国際石油資本も、エクソンモービル(ExxonMobil)、ロイヤル・ダッチ・シェル(Royal Dutch Shell)、BP、シェブロン(Chevron)の4社の「スーパーメジャー」に再編されています。また、この4社にトタル(Total)とコノコフィリップス(ConocoPhillips)を加えた6社をスーパーメジャーと呼ぶこともあります。

なお、世界の原油市場において、国際石油資本の影響力が相対的に低下しているのに対して、サウジアラムコ(サウジアラビア)、ペトロナス(マレーシア)、ペトロブラス(ブラジル)、ガスプロム(ロシア)、中国石油天然気集団公司(CNPC)、イラン国営石油(NIOC)、ベネズエラ国営石油(PDVSA)などの非欧米系の国営石油会社が原油生産や油田埋蔵量などで存在感や影響力を大きく高めています。