国際連合食糧農業機関(FAO)

読み方: こくさいれんごうしょくりょうのうぎょうきかん
英語名: Food and Agriculture Organization of the United Nations
分類: 世界経済|国際機関

国際連合食糧農業機関(FAO)は、経済・社会・文化・教育・保健等分野において政府間協定によって設立された世界的専門機関のうち、国連総会の承認を受けて国連経済社会理事会と連携関係協定を結んだ国連の専門機関の一つをいいます。これは、1943年に44カ国が集まり、食料と農業についての恒久的組織の設定を決定し、1945年10月16日に設立されたもので、本部はイタリア共和国のローマにあります(日本は1951年に加盟)。

一般にFAOの目的は、人々が健全で活発な生活を送るために十分な量・質の食料への定期的アクセスを確保し、世界の全ての人々の食料安全保障(Food Security)を達成することです。なお、食料安全保障とは、全ての人が、常に活動的・健康的生活を営むために必要となる、必要十分で安全で栄養価に富む食料を得ることが出来ることを意味します。

国際連合食糧農業機関の目的

下記の施策を通じた「世界経済の発展」及び「人類の飢餓からの解放」をすること。
・世界各国国民の栄養水準及び生活水準の向上
・食料及び農産物の生産及び流通の改善
・農村住民の生活条件の改善

国際連合食糧農業機関の機能

・国際条約等の執行機関としての国際的ルールの策定
・世界の食料や農林水産物に関する情報の収集・伝達、調査分析及び各種統計資料の作成等
・国際的な協議の場の提供
・開発途上国に対する技術助言、技術協力

国際連合食糧農業機関の運営組織

・総会(Conference):最高意思決定機関、2年に1回開催
・地域総会(Regional Conference):各地域毎に2年に1回議論
・理事会(Council):2年に4回開催、実質的運営機関
・委員会(Committee):理事会の下部組織として委員会を設置