国際電気標準会議(IEC)

読み方: こくさいでんきひょうじゅんかいぎ
英語名: International Electrotechnical Commission
分類: 世界経済|国際機関

国際電気標準会議は、「IEC」とも呼ばれ、電気工学、電子工学、および関連した技術を扱う、世界各国の代表的標準化機関から成る国際標準化機関をいいます。これは、1906年に13カ国により発足し、本部はスイス連邦のジュネーヴにあり、日本からは日本工業標準調査会(JISC) が参加機関となっています。

現在、IECは、電気及び電子技術分野の国際規格(標準)の作成を行っており、またその標準の一部は、密接な関係にある国際標準化機構(ISO)と共同で開発されています。

国際電気標準会議(IEC)の目的

電気及び電子の技術分野における標準化の全ての問題及び規格適合性評価のような関連事項に関する国際協力を促進し、これによって国際理解を促進する。

国際電気標準会議(IEC)の組織

総会、評議会、執行委員会、運営諮問委員会、標準管理評議会、適合性評価評議会、市場戦略評議会、技術諮問委員会、戦略グループ、システム評価グループ、システム委員会 、専門委員会、分科委員会、プロジェクト委員会、テクニカルエリア、作業グループ、プロジェクトチーム、メンテナンスチーム、諮問グループ、アドホックグループ、編集委員会などから構成される。