アグフレーション

英語名: Agflation
分類: 世界経済|物価

アグフレーション(Agflation)は、農産物の物価上昇(インフレ)のことをいいます。これは、「農業(Agriculture)」と「物価上昇(Inflation)」を組み合わせた造語で、小麦やトウモロコシ、大豆、米といった穀物などの農産物価格が世界的に上昇する現象を指します。その背景には、「需給バランスの歪み(需要の逼迫)」があり、具体的には、世界的な人口増、新興国の食生活の変化による畜産向け穀物需要の増大、バイオ燃料としての生産拡大、産地での天候異常、投資マネーの流入などが要因として挙げられます。また、原料となる農産物価格が上昇し、加工食品などにも広く波及すれば、物価全体を押し上げることになります。

なお、似たような概念で、農産物だけでなく、エネルギー・非鉄・貴金属などを含めた国際商品(コモディティ)全般の価格上昇は「コモフレーション(Comoflation)」と呼ばれます。