為替操作国

読み方: かわせそうさこく
英語名: Currency manipulator
分類: 世界経済|米国

為替操作国は、アメリカ合衆国(米国)において、外国為替相場(為替レート)を不当に操作していると認定された対象国をいいます。これは、米国財務省が年二回、連邦議会に提出する、日本を含めた米国の主要貿易相手国を対象とした「為替報告書(Semiannual Report on International Economic and Exchange Rate Policies)」の中で、対米通商において優位な立場を取るために、介入などで為替レートを意図的に操作している(輸出に有利になるよう通貨安に誘導している)と認定した国のことを指します。

一般に為替操作国の認定は、米国の視点での一方的なものですが、その影響は大きく、実際に認定された場合は、二国間協議が実施されるほか、米国だけでなく各国(同様に貿易摩擦がある国)から通貨切り上げ圧力が強まることもあります。