金本位制

読み方: きんほんいせい
英語名: Gold standard
分類: 世界経済|体制

金本位制は、を本位貨幣(一国の貨幣制度の基準となる貨幣)とする貨幣制度をいいます。これは、狭義には「金貨本位制」を指し、広義には「金核本位制」や「金為替本位制」を含め、その特徴として、金貨の自由鋳造や自由溶解、金の自由な取引(輸出入)により、貨幣の流通価値を一定量の金に結びつけることにあります。また、19世紀以降、「金本位制」と言った場合は、金を通貨価値の基準とする制度を言い、中央銀行が発行した紙幣と同額の金を常時保管し、金と紙幣との兌換を保証する制度を意味します。

近代社会の金本位制は、1816年に英国が1ポンドの金貨鋳造を始めたのが最初と言われ、また日本では、1897年に明治政府が金本位制を採用しました。なお、1929年の世界大恐慌を機に、主要各国は金本位制を離脱し始め、金の保有量とは関係なく通貨を発行する「管理通貨制度」へと移行しました。