欧州通貨単位(ECU)

読み方: おうしゅうつうかたんい
英語名: European Currency Unit (ECU)
分類: 世界経済|欧州

欧州通貨単位(ECU)は、「ヨーロッパ通貨単位」とも呼ばれ、1979年から1998年までの間、欧州共同体(EC)および欧州連合(EU)で使われたバスケット通貨をいいます。これは、1979年に欧州通貨制度(EMS)が発足したのに伴って導入されたもので、参加国の通貨の加重平均を取った通貨単位となっており、1999年に欧州通貨統合が実施されて、単一通貨である「ユーロ(EURO)」へ移行しました。

一般にECUは、実際に流通する通貨ではなく、また法定通貨でもなく、主に中央銀行間の決済や介入・信用メカニズムの計算単位、ERMの表示機能、乖離指標の基準などに活用されました。なお、ECUは、公的ECUと民間ECUとに分けられますが、通常はEMS加盟国の通貨を構成通貨とした公的ECUを指します。