一般教書演説

読み方: いっぱんきょうしょえんぜつ
英語名: State of the Union Address
分類: 世界経済|米国

一般教書演説は、「年頭教書」とも呼ばれ、アメリカ合衆国(米国)の大統領が年初に連邦議会で行う施政方針演説のことをいいます。これは、大統領が連邦議会両院の議員を対象に慣例として1月最後の火曜日に演説を行うもので、国の現状についての「大統領の見解」を述べ、主要な政治課題を伝えるものです。具体的には、内政・外交その他全般に渡る情勢を分析して、政府の基本政策を説明し、議会が適切な手段を講じるよう勧告します。

現在、米国では、大統領は議会出席権を基本的に持ちませんが、憲法の規定により文書の形で「教書」を議会に送付することが認められており、また議会による特別な招待の下で、大統領が上下両院議員に対して、教書を口頭で演説することが慣習化しています。この行事は「一般教書演説」と呼ばれ、世界的に注目されており、また出席者については、大統領 、副大統領(上院議長を兼ねる)、両院議員、下院議長、最高裁判所判事、各省長官、統合参謀本部の将官といった合衆国の三権(行政・立法・司法)と軍の首脳が一堂に会します。

ちなみに、最初の一般教書演説は、1790年1月8日に初代大統領のジョージ・ワシントンによって行われ、また第33代大統領ハリー・トルーマン以降は、テレビ中継が行われるようになっています。