アラブ石油輸出国機構(OAPEC)

読み方: あらぶせきゆゆしゅつこくきこう
英語名: Organization of Arab Petroleum Exporting Countries (OAPEC)
分類: 世界経済|国際機構

アラブ石油輸出国機構(OAPEC)は、アラブ産油国が石油産業を中心に経済活動の協力を目的に設立した国際機構をいいます。これは、1968年に石油輸出国機構(OPEC)とは別組織として、クウェート・サウジアラビア・リビアの3カ国によって設立され、本部はクウェートの首都クウェートシティに置かれ、現在、10カ国が加盟しています。

最近では、ニュースで報じられることはほとんどありませんが、過去においては、1973年の第四次中東戦争の際に、アラブ諸国支援の石油戦略として原油輸出禁止措置をとったため、第一次石油危機(第一次オイルショック)がもたらされました。

<OAPECの加盟国>

クウェート、サウジアラビア、リビア、アラブ首長国連邦、アルジェリア、バーレーン、カタール、イラク、シリア、エジプト