国連貿易開発会議(UNCTAD)

読み方: こくれんぼうえきかいはつかいぎ
英語名: United Nations Conference on Trade and Development
分類: 世界経済|国際機関

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、スイスのジュネーブに本部を置く、1964年に設立された、国連総会直属の常設国際機関をいいます。これは貿易と開発、金融、投資、技術、持続可能な開発の関連問題に総合的に対応する国連の中心的な機関であり、その主な目的は、途上国の貿易・投資・開発の機会を最大化し、グローバリゼーションから生じる問題に直面する途上国を支援し、対等な立場で世界経済へ統合することです。

現在、UNCTADの最高政策決定機関は、加盟国の閣僚による総会で、加盟国が国際的な経済問題について討議し、UNCTADの活動計画を策定します。また、組織面では、総会のほかに、貿易開発理事会(TDB)や委員会、事務局などを持ちます。なお、UNCTADの主な刊行物として、貿易開発報告や世界投資報告、アフリカ経済開発報告、後発開発途上国報告、UNCTAD統計ハンドブック、情報経済報告、海上運輸レビューなどがあります。