テイラー・ルール

英語名: Taylor rule
分類: 世界経済|ルール

テイラー・ルール(テーラ・ルール)は、1993年に米国の経済学者のジョン・ブライアン・テイラー氏(John Brian Taylor)が提唱した金融政策ルールをいいます。これは、経済状態に応じて、貨幣の供給量ではなく政策金利を変化させる金融政策ルールであり、具体的には、現在のインフレ率(消費者物価上昇率)が長期的な目標値からどれだけ乖離しているかと、景気変動に対応する需給ギャップ(現実のGDPと潜在GDPの乖離)が均衡値からどれだけ乖離しているかに応じて、政策金利の変更(上げ下げ)を行っていくという概念です。また、金融政策ルールとは、物価や経済活動の安定を目的として、マクロ経済の変動に応じてシステマティックに金融政策を運営する方式を表現したものをいいます。

一般にテイラー・ルールは、金融政策の運営にあたって強く意識されている「景気」と「物価」の両者を実際の政策金利との関係をシンプルに表現していることから、直観的な理解を得やすいうえ、現実の金融政策を概ね良くトレースできるという実証結果もあり、中央銀行の実務家や経済学者、市場参加者の間でしばしば取り上げられます。また、現在、米国をはじめとした、各国の金融政策決定過程において参考にする代表的なルール(政策反応関数)の一つとされますが、本概念で決まる政策金利の妥当性については学術的な論争もあります(実際に利用する際には、前提条件によって結果にバラツキが生じることに留意が必要)。