据え置き

読み方: すえおき
分類: 概念

据え置きは、国語辞書では「すえつけておくこと、そのままの状態にしておくこと、一定期間払い戻しや償還をしないでおくこと」などを意味します。これは、日常的に幅広く使われる用語で、例えば、「据え置き型の決済端末」、「運賃を据え置き」、「景況判断を据え置き」、「業績予想は据え置き」などというように用いられます。

一般に本用語(据え置き)は、金融取引においても、様々な場面で使われており、例えば、預貯金や債券などでは、払い戻しや償還を一定期間行わないことをいいます。また、保険の「据え置き(据置制度)」では、支払いが発生した保険金や給付金などをすぐに受け取らずに保険会社に預けておくことをいい、この場合、据置金には所定の利息が付きます。

なお、金融取引での複合語には、据置定期預金や据置ローン、据置保険金、据置祝金、据置期間、元本据置、元利据置などもあります。