連生保険

読み方: れんせいほけん
分類: 保険区分

連生保険は、生命保険で使われる用語で、夫婦や親子など2人以上の被保険者を対象とした生命保険のことをいいます。これは、2人のうちどちらか、または双方の生死等により、ある一定の条件を満たした場合に保険金が支払われる仕組みとなっています。

例えば、子どもと契約者(親)のいずれもが被保険者となり、いずれかが死亡した場合に死亡保険金が支払われる「こども保険」や、夫婦のいずれもが被保険者となり、いずれかが死亡した場合、あるいはいずれもが死亡した場合に死亡保険金が支払われる「夫婦保険」などがあります。

なお、この連生保険に対して、被保険者が1人の生命保険のことを「単生保険」と言います。